1.他人ごとではない貴女も神待ち女性になりうる

非正規雇用は年々増加しています。2014年は非正規雇用の女性が56.7%と過去最高を記録しました。

 

非正規雇用は、20代後半がピーク。この10年間で結婚をしていないシングル女性の割合が20%ほど。

%e7%a5%9e%e5%be%85%e3%81%a1%e7%89%b9%e5%be%b4

 

そして、この非正規雇用のシングル女性のおよそ半分は貧困状態と言うデータもあります。この女性の中には”結婚すれば養ってもらえるから、今は非正規雇用でも問題ない”と思って自分から非正規雇用を選んでいる方も多いようです。

 

管理人

そして、神待ちはこういった貧困問題も関係していて他人事ではなく、誰でも神待ち女性になりえるのです。一体どんな女性が神待ち女性になりえるのでしょうか。その特徴などを詳しくご紹介していきます。

 

 

神待ち女性になる女性の特徴

アイドルやミュージシャンの追っかけをしたことがある

神待ちになりえる女性の特徴その1.アイドルやミュージシャンの追っかけをしたことがある、です。

 

アイドルやミュージシャンの追っかけをしている女性全員が神待ちになるというわけではないのですが、追っかけを経験したことがあって神待ちをしたことがある・既に神待ちをしているという女性は多いのです。

 

彼女達は、遠征に行くことが多いため基本的に非正規雇用で働いていることが多いのです。

 

そして、お給料はアイドルやミュージシャンに注ぎ込む・・・という女性が多いです。遠征が多いので、お金がなく行く先々で神待ちをして宿泊先を提供してもらう、食事をご馳走してもらうという女性も多いです。

 

コンサートチケット代だけでも結構高いのですが、交通費や宿泊費などを考えると1回の公演でかなりの出費になります。神待ちをすると、宿泊費や食費を浮かすことが出来るので、地方公演に行くたびに神待ちをして、ホテルで合流という流れが多いのです。

 

アイドルやミュージシャンの追っかけをしたことがない人からすれば、そこまでするの・・・?

 

と思うかもしれませんが、かなり熱烈なファンはそこまでしてしまうものなのです。

 

管理人

アイドルやミュージシャン>>>>自分の生活、だったりする事が多いのです。

 

地震や災害に対して強い恐怖感がある

いつ来るのか分からないのが地震です。日本は地震がとくに多い国で、これまでに何度も大きい地震を経験したことがあるという方も少なくありません。

 

このいつやってくるのかわからない地震や災害に対して強い恐怖感を覚えている女性の中にも、神待ちをしているという方が多いようです。

 

というのも、大きい地震を経験して「いつ来るか分からない」という不安から、自宅や狭い場所に行くのが怖くなり中々家に帰ろうとしないという女性も中には居るのです。トラウマというのは人によって違いますが、地震や災害というのはとくにトラウマになりやすいのですね。

 

中々自宅に帰りたくない・帰れないという恐怖感で、自分で家を借りたりせずに神待ち掲示板やサイトで知り合った男性の家を転々とする人も居るのです。

 

「うそでしょ??」と思う方も多いと思いますが、実際そういう女性は居るのです。家出の理由なんていうのは人それぞれです。家族と不仲で・ひとりで居るのがさびしくて・なんとなく、と本当に人によってその理由は違います。この理由の中に”災害が怖いから”というものもあるのです。

 

管理人

地震が怖くて中々眠れない・ひとりではいられないという女性の中にも、神待ちをしていつも誰かと一緒に過ごしているという女性も居ます。

 

夫との仲がうまくいっていない主婦

神待ちをしている女性は何も10代後半だけではありません。

 

最近では20代後半~30代の主婦も出会い系サイトの掲示板などを使って神待ちをしていることが多いのです。

 

この神待ちをしている主婦ですが、基本的に主婦は自分で使える自由なお金をあまり所持していませんし、使途不明金を出しまくるわけにはいかないので結局お金を持っていないのと同じになります。

 

夫婦仲が悪いと「家にいたくない」という事になり、出会い系サイトの掲示板や神待ち掲示板などを使って神を探し、家出を繰り返すという主婦も増えてきているのです。

 

また、夫がDV・モラハラをするような主婦も神待ちをして別の男性に癒しを求めたりしていることもあります。

 

夫婦仲が悪いだけで神待ちなんてあり得ないでしょ、と思う方も居ると思いますが実際、神待ちをしている女性の中には「主婦です」「人妻なんです」という女性はいます。神待ちをしている主婦の多くは夫と仲が悪い事が多いんです。

 

ただ、中には”自称”主婦もいます(笑)神待ちを繰り返していていつの間にか30代に入り、この年齢でさすがに神待ちは痛いでしょと自覚している女性は自称主婦を名乗ることがあります。

 

管理人

そして神待ちをしている理由を聞くと総じて「旦那と仲が悪くて家にいたくないんだ」と言うことが多いんです。

 

買い物依存症で且つ一人暮らしの女性

非正規雇用の女性が神待ちをしていることが多いのですが、買い物依存症で尚且つ一人暮らしをしている女性の中にも神待ちをしているという女性が多いのが驚きです。

 

買い物依存症なので、仕事をしてもそのお金は洋服や化粧品、消耗品などで消えてしまうので家賃が払えない!ご飯が食べられない!今月もクレカの支払いでヤバイ!!という女性は、出会い系サイトや神待ち掲示板などを使って男性を探します。

 

そこで、食事をご馳走になってそのままホテルで”割り切り”をするという事が多いのです。

 

買い物依存症で一人暮らしをしている女性は、普通の神待ちとは違ってもはや援助交際になっているのが特徴です。

 

「ホ別2」だの「プチ0.5」と言っている女性の中には、実はちゃんと家もあるんだよね~・・・という女性が多いです。

 

また、一人暮らしが寂しくて家に帰りたくなくて神待ちをしてそこで知り合った男性と夜を過ごすという事もあるそうです。

 

普段から買い物をよくする、一人暮らしをしているけど寂しくてどうしようもない、という女性も神待ち予備軍になりえるのです。

 

管理人

一度神待ちや援助交際をしてしまうと「お金なくなったらまた男性探せばいいや~」となってしまうのもポイントです。

 

ネカフェで泊まることに躊躇がない若しくは躊躇するけど泊まれる

ネットカフェ難民、という言葉が流行ったのですがこのネットカフェ最近では飽きずに1日中居ることが出来るようにアレコレと工夫されています。

 

このネットカフェに泊まるということにまったく躊躇しない女性や、ちょっとは気にするけど泊まることが出来る女性というのは神待ち予備軍になりえるのです。

 

ネットカフェで寝泊りをしている女性の多くは、終電を逃してしまった女性か神待ち・援助交際の女性が多いです。

 

ネカフェで寝泊りをしてて神待ちをしている女性は大体緊急性があり、即会えるような男性を探しているのも特徴で神待ち大好きな男性からすればかなり高確率で会える女性なので人気があるのもポイントです。

 

ただ、ネカフェ難民の女性というのは依存性が非常に高いのもポイントなので、会う際は自宅を知られないようにする・自宅で寝泊りさせないようにするなどが大事です。

 

「私家がないから・・・」といざ家から出て行ってもらおうと思っても、可哀想になってなかなか追い出すことができなくなってしまうのもこの手のタイプだからなのです。

 

管理人

ネカフェで寝泊りすることになんの躊躇もない女性は、基本的にどこでも寝泊りが出来る女性です。「私そういうの気にしない~」という女性の多くは、神待ち予備軍でもあるのです。

 

夫、親、彼氏などに一度でも虐待を受けたことがある

家出をして神待ちをしている女性の中には、夫や親、彼氏などからDVを受けたことがあるという人も少なくありません。

 

「どうせ家に居ても暴力振るわれるだけだし」

 

「そもそも家に居場所ないし」

 

といった理由で家出を繰り返し、その都度神待ちをすることが多いのです。

 

神待ちというのは基本的にその場限り、ということもあって自分の悩みを気軽に相談することも出来ますし相手のこともよく知らないから一緒に居て気がラクという事もあるそうです。

 

ですが、相手が誰だか知らないということはまた別のリスクがあるのです。

 

DVを受けた女性が家出をして神待ちに走ってしまう理由も分からなくはないのですが、こういう場合はその場しのぎは出来てもなんの解決にもならないのが事実です。

 

ですので、もし夫や親、彼氏などにDVを受けて家出を繰り返す女性がいれば是非公共の相談所へ相談してみることをオススメします。

 

ここに相談すると、宿泊施設などを紹介してもらえることもあるのですが相談をした後に「さぁ帰りましょうか^^」となることもありませんし、誰よりも親身になって相談に乗ってくれるので解決の方法を得ることが出来るのです。

 

管理人

夫や親、彼氏などに一度でも虐待を受けたことがある女性で神待ちをしている、という女性は是非一度神待ちではなく公共の相談所を利用して解決の糸口を探してみてはいかがでしょうか。

 

何事にも依存しやすい体質である

アルコールやギャンブル、恋愛、買い物など様々な依存症があります。

 

もともと依存しやすい体質の女性というのは、神待ちの予備軍でもあります。

 

出会い系サイトを覗いてみると、セックス依存症であったり男性依存症であったりとまた違った依存症の女性が神待ちをしていることが多いです。

 

基本的に依存症の女性は一度依存すると中々抜け出すことができないので、”神”である男性もちょっとこういった女性と知り合うときは注意が必要になります。

 

というのも、自宅に寝泊りをさせてしまうと、依存症の女性はあなたに依存してしまうのでなかなか家を出ていこうとしなくなります。

 

こうなってしまうと、追い出すに追い出せなくなってしまうので困ってしまいます。

 

「私〇〇依存なんだよね~」と言ってくれれば分かりやすいのですが、そうじゃない場合は見分けるのがとても難しいです。ですので、自宅で寝泊りをさせるとその分リスクも高まるので、出来れば自宅で寝泊りをさせるのは避けた方がブナンなのです。

 

管理人

何事にも依存しやすい体質の女性は、一度神待ちの味を占めてしまうとそれにハマってしまいます。神待ちは女性もリスクが高いのですが、自宅に寝泊りをさせる男性側にもリスクがあるので注意が必要になります。

 

一度神待ちを行ってしまうと依存してしまう

神待ちを一度でも経験してしまうと、それにハマりやすくなってしまいます。

 

基本的に神待ちを受け入れてくれる男性というのは、優しくて紳士的という男性が非常に多いのです。

 

様々な事情を抱えて神待ちをしている女性からしてみれば、優しくて紳士的な男性が自分の為にあれこれとしてくれると、それがクセになってやめられなくなってしまうものなのです。

 

”神”の中には、偽物もいます。

 

こういう偽物の神様というのは大体「タダマンさせろ!」だの「ヤれればそれでいい」という下心が服を着て歩いているような偽の神になるのですが、ここで一度怖い思いをしたことがある女性というのは、そのまま神待ちを辞めたり神待ち依存から脱却する人も居ます。

 

が、運よくいい神様ばかりに当たっている女性だったりリピーターがついている神待ち女性というのは中々神待ちをやめられません。

 

ご飯はいつも美味しい高級料理で、宿泊先もそこそこ立派なホテル♪男性によっては何もしていなくてもお小遣いをくれる♪こんないい神様と出会ってしまうと依存せずにはいられません。

 

管理人

また、一度でもカラダを許してしまうと10回も100回も一緒でしょう、と思ってしまうところも問題です。一度でも神待ちをしたことがある女性はちょっと注意が必要です。

 

神待ちから抜け出すには行政の手を借りることも一つの手

神待ちをやめたいけどでもどうすればいいのか分からない、本当は神待ちなんてしたくないけど家にも帰りたくない帰れない、と思っているすべての女性に朗報です。

 

神待ちから抜け出すために、行政の手を借りるのです。

 

未成年の場合、児童相談所や児童相談センターが有効。ここは家出をした子供を預かってハイおしまい!ではなく、様々な相談を親身になって乗ってくれるのです。
児童相談所全国共通ダイヤル:189
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv30/zisouichiran.html

一番近い児童相談所に電話を繋いでくれます。

 

また、DVの相談は各地域の保険センター(保健所)で受付けています。市によってその名称は様々ですが、市役所にも「福祉総合相談室」や「市民生活課」「男女共同企画室」「福祉保険課」など相談できる場所があります。

 

民間の支援団体に相談するのもオススメです。
NPO法人全国女性シェルターネット http://www.nwsnet.or.jp/shelter/
(シェルターは地域+シェルターで検索するとヒットします。例えば、”新宿区 シェルター”など。)

 

配偶者暴力相談支援センターの機能を果たす施設一覧 http://www.gender.go.jp/e-vaw/soudankikan/pdf/center.pdf

 

母子生活支援施設全国の福祉事務所一覧 http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/fukusijimusyo-ichiran.html

 

婦人相談所全国相談機関一覧 http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/soudankikan/02.html

 

管理人

そして命の危険を感じたら先ずは110番に電話です!!!加害者の暴力を抑止してくれるだけではなく、暴力を振るった加害者を指導・検挙してくれたりDVの相談も受付けているので是非こちらも相談してみてください。

 

神待ち女性の特徴と神待ち予備軍の女性の特徴 まとめ

非正規雇用が増える中で、貧困女性も年々増え続けています。

 

ワーキングプアは社会問題にもなっていて、自分1人ではもうどうしようもなくなって仕方なく神待ちをしたり援助交際で生計を立てているという女性も少なくはないのです。風俗に走る女性も居ます。

 

そして神待ち女性は、基本的に非正規雇用やそもそも仕事をしていない女性も多く、このほかにも依存しやすかったりアイドルの追っかけをしていたり、夫婦仲が悪かったり、DVを受けていたりと神待ちをしている女性にはいろんな特徴があります。

 

「私には関係ないから」と思っていた女性でも、何かをキッカケに神待ちをするようになってしまうということも起こりえるのです。そのくらい、神待ちや援助交際というのは今では身近なものになってきています。

 

未成年の家出の場合は児童相談所へ連絡するのがベターです。

 

「189」に電話をするとガイダンスが流れるので、現在居るエリアの郵便番号を入力すると一番近い児童相談所へ電話がつながります。児童相談所はすぐに帰されることは無いので安心して電話してください。

 

また、DVなどで神待ちをしている女性の場合はシェルターなどを利用するのがオススメです。

 

自分1人で解決しようと思うと難しいのですが、行政の手を借りることでいち早く解決することもあります。

 

管理人

神待ちは暴力や軟禁監禁などかなりリスクが高い行為ですし解決方法にはなっていないので是非、行政の手を借りて解決してみてはいかがでしょうか。